2005W 2006S 2006W 2007S 2007W 2010S 2010W 2011S 2011W 2012S 2012W 2013S 2013W 2014S 2014W 2015S 2015W 2018S 2018W 2019S 2019W 2020S 2020W 2021S 2021W 2022S
SRC2019W : Student Research Conference 2019 Winter

Student Research Conference 2019 Winter
2020-01-24

Time Table

Entry Period : CLOSED

Discussions on presentation (Limited to Tama user)

梗概書式 Abstract Format お問い合わせメール

RoomTimeStartTitle (P:Poster)SemiAbst.Docs.
2111
211M 13:00
Arduinoにおける光センサーの制御
菅 優貴
出原ゼミRequired-
211M 13:10
試し斬り再現
ラウ佐光マシュー
出原ゼミRequired-
211L 13:20
Unityによる衝突判定の実装
相澤大虎
出原ゼミRequired-
211M 13:35
ユニクロがなぜアジアで儲かっているのか
鷹觜航生, ホウアンナラ
バートルゼミRequiredpptx
211M 13:45
素食料理の可能性
井上隼人, 小澤海斗
バートルゼミRequiredpptx
211M 13:55
ビーガン、ベジタリアンが増えている現代
小日向龍人, ホウアンナラ
バートルゼミRequired-
211L 14:05
日系コンビニが中国で展開していく方法とは
小川悠介
バートルゼミRequired-
211L 14:20
日中大学比較
吉岡裕太, 王岸林
バートルゼミRequiredpptx
2
211M 14:40
エナジードリンクが及ぼす脳波への影響
若林俊成
良峯ゼミPDFpptx
211L 14:50
音が脳波に与える影響について
宮澤隆夫
良峯ゼミPDFpdf
211L 15:05
音楽ジャンルで脳の活動は変わるのか
佐藤哲大
良峯ゼミPDF-
211L 15:20
光が脳波に与える影響
吉浜秀
良峯ゼミPDFpdf
211M 15:35
セブンイレブンのイートインスペースのマナーについて
高田 麻由
大森拓哉PDF-
211M 15:45
バスの横入りについて
清水茉歩
大森ゼミPDFpdf
211M 15:55
ダミーカメラによるポイ捨ての改善
秋山 京吾, 岩渕 匡太, 金子 拓海
大森拓哉ゼミPDFpdf
211M 16:05
喫煙所の改善
平山 佳苗, 山口裕也, 松山明日翔, 浦橋大地
大森ゼミ3年PDFpdf
2121
212L 13:00
パワースポットと研究室内での脳波の違い
大内翼
良峯ゼミPDF-
212L 13:15
ニューロフィードバックトレーニングとは何か
望月雄人
良峯ゼミPDF-
212L 13:30
ゲームによってもたらされる「焦り(緊張)と集中」を脳波で測定する
小林史季, 栗山佑, 住安 けんじ, 吉田爽太朗
良峯ゼミRequired-
212M 13:45
割り込みを防止しよう!
杉谷佳希
大森拓哉ゼミ3年PDFpdf
212M 13:55
アンカリング効果はどんな商品にどこまで有効なのか
安藤七海
大森ゼミ2年PDFpptx
212M 14:05
自分を欺く
神谷侑陽, 八木稀央
大森ゼミPDFpptx
212M 14:15
香りの痕跡
大澤貴光, 藪田力, 奥嶋健太, 千葉珠紀
大森セミRequired-
212M 14:25
視覚による印象と現実の違い
四ツ車昌, 小林拓視
大森ゼミPDFpdf
2
212M 14:40
キャッシュレスカード普及の条件と事例報告
大野将来
中庭ゼミPDFpptx
212M 14:50
レジリエンスのある交通とは
磯部直樹
中庭ゼミPDFpdf
212M 15:00
女性の化粧について
梅沢万結
大森ゼミRequired-
212M 15:10
真ん中効果の実験
久保田彩音
大森ゼミPDFpptx
212M 15:20
期間・能動性・実務性の三軸によるインターンシップの分類
河崎千晏
ホームゼミ(出原)PDFpptx
212M 15:30
ゲームエンジンを用いた統計データの可視化
谷萩 優一
出原ゼミRequired-
212M 15:40
記憶ツーリズムにおける震災語り部の役割~大槌町を題材として~
山口雄資
中庭光彦ゼミPDF-
212M 15:50
(株)かまいしDMC事業部長が考える「観光」「サスティナビリティ」の意味
西田翔一
中庭ゼミPDFpdf

お問い合わせメール 上へ戻る

TamaUniv. SRC